マレーシアでの就職や転職を考えるのであれば、何歳ぐらいから行けば良いのか、またご自身が行くには若すぎる?年を取り過ぎている?と気になったりもするでしょう。

まず、海外は若いうちに行くべきだと言う方もいらっしゃいますが、必ずしも今すぐに海外に出なさいと強制されるべきではないかと思います。

若手

たとえば、大学や大学院を出てすぐに海外にて就職を考えるというのも一つの選択肢ではありますが、一度日本で就職してからその後海外に出ても決して遅くはありません。

20、30代

二十代後半から三十代前半くらいに一度マレーシアでの仕事を試してみて、もしも自分にはマレーシアの生活が合わないということで日本へ帰ったとしても、帰国してからまた何かしらの仕事に就くことは難しいことではないでしょう。

ダメだったときのことを考えるのであれば、経験を積むという意味でも二十代のうちに経験しておくのも良いかと思います。

40、50代

もしも四十歳、五十歳以上になって今まで一度も海外で仕事をした経験がないという方が、急に今の仕事を辞めてマレーシアで転職をするとなれば、難しい面もいろいろと出て来てしまいます。

仕事をいつまで続けるのか、日本に帰国して再就職のアテがあるのか、当然家族も居るかもしれませんし、親のお世話をする時期かもしれませんからね。

ただし、中には少数ではありますが、年齢は関係なくすぐにマレーシアの生活に馴染んでしまうという方もいらっしゃいます。

マレーシアでの働き方には、駐在員や現地採用などいろいろな選択肢がありますから、そういった違いなどについてもまずは詳しく知っておいた方が良いでしょう。