日本の企業はさまざまな東南アジア諸国に進出しておりますが、人気のあるシンガポールなどですと、物価が高いためにコストがその分かかり過ぎてしまうというデメリットがあったりもします。

BPO(Business Process Outsourcing)などですと、出来るだけ人件費を抑えることが出来る国でおこなうというイメージを持たれている方も多いかと思いますが、マレーシアの人件費というのは決してそこまで安いというわけではありません。

日本やシンガポールに比べれば安く済むかも知れませんが、それでも何故マレーシアが注目されているのでしょうか。

それには、人件費だけではないその他のコストを削減することが出来るということが挙げられるでしょう。

たとえば、住居費やオフィスの賃貸料、運転手、リスク管理費用などといった会社に必要となるコストをトータルで考えたときには、実はマレーシアというのは非常に安く済むという傾向にあるのです。

また、さまざまな人種のいるマレーシアでは、言語の違いからそれぞれの国の人をあえて雇わなくても、マレーシア人だけで英語・北京語・広東語・ヒンドゥー語・マレー語(インドネシア語)などの言語をカバーすることが出来るというのも大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

今まで三ヶ国の言語をカバーしようと思って、それぞれの言語担当を三人雇っていたというケースであっても、マレーシア人一人だけで済んでしまうということもあるのです。