malaysiawork

現地採用という言葉を聞くと、現地で働いているマレーシア人と同じ水準のお給料をもらいながら生活をするものだと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際にはそうではないのです。

日本人がマレーシアにて現地採用として働くという場合には、大体ひと月あたりRM5,000から9,000(日本円にするとおよそ15万円から27万円)程度のお給料が支払われます。

今まで日本で仕事をしてきた方からすれば、ちょっと少なく感じるかも知れませんが、一般的な現地マレーシア人の大学初任給はRM2,600(およそ8万円)程度ですからそれから比べると部長クラスの待遇だと考えられるのです。

日本よりも物価の安いマレーシアで働くのであれば、ある程度余裕のある生活を送ることが出来ると考えていて良いでしょう。

ただし、現地の方も日本人の方がたくさんお給料をもらっているということを知っていますから、妬まれてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、ただ日本語を使うことが出来るという現地のマレーシア人を雇うのとは異なる日本人だからこそのスキル・働きぶりを見せることが重要になると言えます。

たとえば、現地の方々が定時の就業時間になるとすぐにタイムカードを押して家に帰ってしまうことも多いかと思います。

その後の残った仕事を現地採用の日本人が片付ける必要が出てきたりもするのです。しかし、それはその分お給料をもらっているということである程度は仕方がないのかもしれません。

現地採用のお給料では不安?いえ、貯金も出来るレベルです

マレーシアで用いられている通貨というのは「RM(リンギット)」です。1RMは日本円にすると大体30円前後だと考えておくと計算がしやすいかと思います。

さて、駐在員の方であれば日本と同等、もしくはいろいろな手当てがつきますので日本よりも多くのお給料をもらえることがほとんどです。そのため、物価の安いマレーシアではとても余裕のある生活をすることが出来ます。

現地採用として働く場合には、日系の企業で働いていたとしてもお給料は日本の本社から支払われるというわけではなく、現地で支払われます。

最低でも5,000RM(日本円でおよそ150,000円程度)をもらうことになりますが、日本でのお給料と比べますと安いと感じる方も多いでしょう。

日本でいろいろな経歴を積んできたという方、専門的な知識や資格、スキルなどを持っているという方であればもちろん日本と同じくらいのお給料をもらえるケースもありますから、ケース・バイ・ケースです。

ただし、マレーシアの物価が年々上昇してきているとは言っても、日本と比較すればかなり割安ですので、現地採用の方のお給料金額であってもそれなりの生活を送ることが出来ますから心配は要りません

たとえば、食事をする際にも、ローカルなマレーシア料理のお店であれば、1食5から7RM(日本円でおよそ150円から210円)程度でお腹いっぱい食べることが出来ます。

頻繁に利用するミネラルウォーターも、1.5リットルで1.5RM(およそ45円)程度ととても安いので助かります。