outsidebiz

せっかくマレーシアで仕事をするならば、現地のマレーシア人の方々と一緒に働きたい、たくさんコミュニケーションをとって仲良くなっていきたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合には、現地採用というスタイルで働くことをオススメいたします。

もしも駐在員として日本から派遣されるのでしたら、大きな現場をまとめる管理職としてのポジションになったり、お客様を接待したりなどあまり現地の方と頻繁にコミュニケーションをとる機会というのは無いかもしれません。

駐在員として働いたほうが、お給料も高いですし待遇も良くなりますが、それよりもマレーシア人と共に仕事をするという環境を選ぶのであれば現地採用の方が向いているでしょう。

日本人に与えられる仕事

malaysiawork

残念ながら日本人がマレーシアの現地企業に直接雇用されるというケースはほとんどないので、まったくもって現地の方と同じ仕事をするということにはなりません。

これには、外国人を雇うにあたって就労ビザを取得させるという場合には、毎月のお給料はいくら以上支払わなくてはならないという決まりがあるからなのです。

日本語が出来るマレーシア人ではなく、あえて高いお給料を払って日本人を雇うことになりますから、現地の方では出来ない仕事だったり、重要なポジションを任されたりします。

採用にあたっては日系企業からなら日本人を雇ってもらえる事が殆どです。

マレーシアの求人に強い人材紹介会社に登録したり、もし現地に知り合いがいるという場合には現地情報誌などの求人をチェックしてもらったりするのが良いでしょう。

おすすめは「JAC Recruitment」でしょう。マレーシアにも支社があるからです。