英語が出来れば問題ない

gaijinok2

マレーシアの現地で採用されるためには、無くてはならないスキルがあります。

マレーシアは多民族国家であることから多くの国民がバイリンガルであるのが特徴です。

マルチリンガルの語学力を持っている人も少なくありません。

このため、現地採用されるためには語学力は重要視されます。

マレーシアの公用語はマレー語で公用文書はマレー語で書かれていることが多いのですが、英語を共用語としているためとりあえずは英語に堪能であれば就職は可能です。

TOEICのスコアでいえば800点以上あればビジネスシーンでも十分に活用できます。

欲を言えばマレー語と中国語もコミュニケーションがとれるレベルを習得しておくと活躍の場が拡がります。

必要となるスキルは職種ごとに異なるが…

転職において必要とされる実務スキルは業種によってまちまちです。

現地採用の場合、求人の多い職種は製造業とIT関連です。

製造業に関しては、現地スタッフの統率・管理者の求人が多いです。そのため、多くの管理経験と高い管理能力が求められます。

最低でも主任クラス人材が求められるので、リーダーシップに長けている人が必要とされています。

その他、マレーシアの日系企業では、マネジメントリーダーが不足気味なので、管理職経験者、プロジェクトリーダー経験者が優遇されています。

日本人が現地で求人に応募しても、応募に際して年齢の下限が設定されていたり、新卒で就職の経験がないと応募基準を満たしていないとして書類審査で落とされることもあります。

コミュニケーション力は重視

現地で採用されるためには特別な人物像があるわけではなく、ビジネスをする上でスムーズなコミュニケーションがとれることが最も重要であると考えられています。

語学力の基準を満たしていることは大前提で、マレーシアが多民族国家であることを理解し、ビジネス相手の国の文化や習慣を尊重できる人であることが現地採用のポイントといえます。

管理職、マネージャ、リーダー多め

kouseinenbiz

現地採用の場合、求められる人材は管理職やマネジメントリーダーといった、一般従業員の上に立つポジションが多いです。

日本の場合、管理職、マネージャーなど役職によって賃金や待遇にいろいろな違いがありますが、現地採用で役職についた場合、他の社員との待遇面での差は基本報酬以外にはあまりありません。

休日、休暇は同じように取得できますし、賞与の支給もあります。

一般に給与面の待遇では成功報酬型の採用をしています。

役職にかかわらず、業務で契約を締結したり、多くの注文を受注できれば追加報酬が支払われるというわけです。