駐在員としてのマレーシア勤務を希望するのであれば、どのような業界で日本人が求められているのかという傾向を知っておかなくてはなりません。

発展が著しい国ではありますが、日本の企業ならどのようなものでも進出しているのかと言ったら決してそうではなく、ある程度の偏りがあるのです。

製造業の求人

outsidebiz

特に注目すべき業界というのは「製造業」だと言えるでしょう。マレーシアに進出している日系企業のおよそ半数が製造業なのです。

製造業の中でも、機械関連を扱っている企業が10パーセント以上を占めています。

そのため、こういった業界にてキャリアを積み重ねてきたという方の場合には、マレーシアへ駐在員として働くことが出来る求人応募にあたっては有利に働きます。

日本でしたら未経験の方でも歓迎!というような求人情報がたくさんありますが、海外で働く場合には今までのキャリアを活かして即戦力として働いてくれる方が求められるのです。

小売業の求人

これから先注目していきたいのが「小売業」です。

日本のコンビニエンスストアなどが今後マレーシアに進出してくることが予想されますから、小売業界のキャリアも重宝されることでしょう。

駐在員ですとマネジメントなど大切なポジションを任されることになるため、特に経験が重視されると言っても良いです。

新たに出てきた求人情報を見逃さないためにも、マレーシアに詳しい人材紹介会社などに登録をしておいて、常に情報を仕入れるようにしましょう。