recruit

マレーシア転職にリクルートを活用することはおすすめできますが、その中でもキャリアアドバイザによる支援が受けられる「リクルートエージェント」を使うのが良いでしょう。

特に、日本の会社から駐在員としてマレーシアへ、という事を考えているなら最適な人材紹介会社となります。

現地採用での求人を希望するなら他の人材紹介会社を使ったほうが良いですが。

ということで、まだ知らない方のために特徴をおさらいしておきました。

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは転職業界の草分け的存在であるリクルートのグループのひとつで転職及び人材の紹介を行っているサービスです。

求人数は業界の中でもトップクラスの保有率ですし、成功実績もダントツです。

日本国内だけでなく、海外に拠点を持つ外資系・日系企業から求人依頼も多く、マレーシアを始めとする海外への転職情報もグローバル求人案件として数多く保有しています。

転職を成功させるには、自分のキャリアを客観的に判断することが必要です。

自信を持つことは良いのですが、過信は禁物です。

リクルートエージェントなら第三者の立場から、成功に導いてくれます。

一般の求人案件に加えて、リクルートエージェントを信頼して求人を依頼する企業も多いのが特徴です。

有名大手企業の案件も数多く保有しているのですが、このような案件は非公開にして、キャリアアドバイザーが面接した結果、ベストマッチと確信した登録者にのみ案内しています。

リクルートエージェントでは求職者が実力を発揮できるような案件を紹介しますので、実力さえあれば希望する職種や企業への転職が可能です。

マレーシアにもリクルートをおすすめする点

求人案件の保有率

1つ目のポイントは、求人案件の保有率が非常に多いことです。

登録してみると分かりますが、普通に検索できる案件だけでも8万件を超えています。

日本からマレーシアへの転職を希望している方も親身になって相談に乗ってもらう事ができます。

もし今すぐのマレーシア求人がない場合でも登録しておくことで、求人が出たらスグ連絡してもらえるので、そういった使い方もメリットがあります。

キャリアアドバイザー

2つめは、サイトへの登録者に対して好条件の案件を紹介するキャリアアドバイザーが転職に関する知識が豊富である上に、それぞれの業界に精通した情報や経験を積んでいることです。

企業に関する情報の収集力にも長けていますので、書類選考や面接を優位に進めるコツを伝授することができます。

マレーシアでの勤務に応募するには語学力が必須条件なので、履歴書も日本語だけでなく場合によっては英語バージョンも必要です。

専任のキャリアアドバイザーは英文でのレジュメの書き方や面接でのアピールポイントなど、日本での応募とは異なる点についてレクチャーしています。

転職ノウハウ

3つめは独自の転職ノウハウによる成功率の高さです。

転職に成功するには、どんなに優秀な人でも応募する企業の社風にあっていることも大切なポイントとなります。

リクルートエージェントでは独自のネットワークを駆使して企業の情報を収集しています。

その情報をもとに様々な角度から分析をして、必要とされる人物像を絞り込んでいます。

転職希望者に対しては個別面談やセミナーを開催して転職の成功までバックアップをしています。