マレーシアは政治も安定しており、他の東南アジアの国々に比べて環境や治安も良く、インフラ整備も発展しているということで、日本人にとっても非常に住みやすい国だということが言えるでしょう。

経済発展が順調ですから、日本企業からの投資額も増加しており、日本人がマレーシアで働く機会というのも増えてくるかと思います。

ただし、日本人の需要が増えてきたからとは言っても、誰でもすぐにマレーシアで働けるような求人が常に出ているかと言ったらそうではありません。

そのため、チャンスが巡ってきたときにはそのチャンスを無駄にしないようにしなくてはなりませんし、ご自身でもあらゆる可能性を探り、情報を集めていく必要があると言えるでしょう。

マレーシアに進出している日本の会社へ

マレーシアで働く事を希望するというのであれば、方法の一つとして日本の企業でマレーシアに進出しているところを探すのもオススメです。

日本の会社に日本国内で採用された上で、マレーシアに赴任し駐在員として働くというスタイルになります。

駐在員として働くのであれば、お給料は日本でもらうのと同じ分が出ますし、それだけではなく海外手当などが加算されてより多くをもらえたりもします。

勿論、今までどのような勉強をしてきたのか、仕事の経歴はどうなのか、持っているスキルや知識によってその能力を活かした求人に就けるのかどうかや、与えられる給与が違ってきます。

医療保険や就労ビザの手続き、住居探しや自動車の支給などいろいろな高待遇を受けられるのが一般的です。

駐在員はこのように非常に高待遇でマレーシアにて生活をすることが出来ますから、求められる仕事のスキルも高くなります。現地採用よりも狭き門になるでしょう。