マレーシアはIT環境の構築など国民の生活向上に力を注ぎつつ、海外企業の招致も積極的に行っています。

政治が安定しており、治安もよいことから東南アジア地域の拠点として選ぶ海外企業も多く、とくに製造業の拠点が設けられるケースが目立ちます。

日系企業の進出も積極的で、この国で働きたい場合には工場管理の仕事も有力な選択肢となります。

工場管理の求人、業種/職種

outsidebiz

ではこの仕事の求人はどのような業界・職種で可能なのでしょうか。

基本的には日系企業への就職となるでしょう。

管理の仕事はいきなり外国人が採用されるような仕事ではないため、まず国内で採用されたうえで海外出張の形で現地に赴く駐在員が一般的な形です。

もっとも狙い目なのはこれから現地法人を立ち上げようとしている企業からの募集です。

興味深く面白みのある仕事で仕事の経歴として加えておきたいと思う人が多いでしょう。求人数は少ないのでチャンスを見つけたら逃さないようにしたいところ。

職種と報酬

職種では大きく分けて材料の調達から製造までの生産管理部門、品質管理部門、設備保全部門が挙げられます。

その他には部品の外注・確保のための管理業務もあります。また現地スタッフの人材育成を任せるケースも見られます。

給料は年収で450~800万円程度。海外手当、福利厚生も日本のが適用されるため国内よりもかなりよい収入で働くことができるでしょう。

加えてマレーシアの物価の安さもあり、優雅な暮らしができると思います。

帰国後の昇進も期待できます。

待遇は週休2日制のほか、有給休暇、住宅補助などが期待できます。

語学力に関してはマレーシアではビジネスの場の殆どが英語で済みますので英語力を身につけておくことが必須となります。

専門的なスキルと豊かな経験を活かしつつ、海外で活躍する機会が得られるよい分野といえるのではないでしょうか。