communication

日本の企業からマレーシアに派遣されて仕事をするというのが駐在員ですが、もちろんただ単純にマレーシアの支社やオフィスで現地の方々と同じ仕事をするというわけではありません。

現地で働いているマレーシア人や、現地採用の日本人などをまとめる管理職としての仕事であったり、マレーシア国内の取引先とのやり取り、その他の海外企業とのやり取り、さらには日本の本社との連携などもとっていかなくてはならないため、非常に責任のある仕事になるのが一般的です。

たとえ英語や中国語などが得意だったとしても、それだけで駐在員として派遣されるかといえばそうではありません。

他の人と上手にやり取りをするというコミュニケーションスキルがなければ、それがネックとなり駐在員として採用される可能性を引き下げてしまうと考えられるのです。

そのため、高い語学力を持っているということはもちろん大前提として、その他に高いコミュニケーションスキルを磨いていく必要があると言えます。

すでにある程度のポジションに就いていて、管理職としてバリバリ仕事をこなしているという方でしたら問題はないかもしれませんが、今まではごく普通の一社員だったけれども駐在員になったらいきなり責任が大きいポジションになるということもあります。

そうしたご自身にのしかかる負担も大きいですし、さらには海外生活にはストレスがつきものですから、メンタルの強さも持ち合わせていなくてはなりません。

駐在員は英語力はあたりまえ、中国語もできるとなお優遇

meeting1

駐在員としてマレーシアにて仕事をしたいというのであれば、高い語学スキルを持っている必要があるでしょう。

英語を話すことが出来て当たり前というような感覚でいなければ、いくら仕事では高いスキルを持っていたとしても、あえてマレーシアへの勤務にはつながらないことかと思います。

将来海外にて仕事をしたいという希望をお持ちの場合には、もちろん早い段階から専門的な英語の勉強に取り組んでおいた方が安心です。

マレーシアにおける母国語というのはマレーシア語になるのですが、英語も公用語の一つですから、英語さえしっかりと出来れば問題はありません

ただ日常会話程度の英語は喋れるという方も多いかと思いますが、それだけでは駐在員としてはまだまだ物足りないでしょう。

駐在員を目指す場合には、TOEICスコアで平均800点以上といったハイレベルな英語力が無いと安心は出来ないかも知れません。

また、ビジネス上の意思の疎通が可能なレベルできちんと丁寧な言葉遣いが出来るかどうかということも大切です。

そして会話は問題なく出来るのだけれども、読み書きがどうも苦手…という方も少なくありません。

しかし、英語で書かれている書類やメールなどを読んだり書いたりする機会も多くなるでしょうから、きちんと読み書きについてもマスターしておきましょう。

マレーシアの公用語には中国語も含まれていますので、英語だけではなく中国語が出来るとなればさらに優遇されるはずです。