マレーシアの現地企業に直接日本人が雇用されるというチャンスは決して多くありませんし、よほどのことが無いと採用には至らないでしょう。

マレーシアで働きたいと考えるのであれば、日系企業から駐在員として赴任する方法を選んだ方が現実的な選択肢だと言えるのです。

方法1

マレーシアに駐在員として派遣して欲しいと思ったときには、すでにマレーシアに進出している企業に勤めている場合であればご自身から積極的に異動願いを出すなどして会社に働きかけてみるのがベストかと思います。

方法2

これから新たに転職を考えるという場合には、
・最初から駐在員として採用されるということが決まっているような求人
・将来的に、現地赴任の可能性がある求人

のどちらの情報も確認しておくと良いでしょう。

 

求人がよく見られる業種について

どのような業種で働くのかということもポイントになっています。今現在すでにマレーシアに進出している日系企業のおよそ半分は製造業で、求人数も多いです。

support1

また、国としての経済が非常に発展しているということから国内市場も発展してきており、小売業もこれから伸びてくることが予想されるでしょう。

そして、マレーシアではIT産業の振興に国を挙げて取り組んでいるということから、IT職も狙い目です。IT企業に勤めている方でしたら、その他の業種に比べて就労ビザも取得しやすいという優遇策も取られております。

 

駐在員として働くのならば、最低でもその業種で3年程度の実務経験が求められることが多く、経験者であり即戦力として働くことが出来ることが重要です。

マレーシア駐在の求人に強い人材紹介会社

これは間違いなくリクルートエージェントを使うことをおすすめします。日本国内で使え、最大数の求人数を誇ります。マレーシアに進出している日本の会社との取引が多いので、まずはここに相談登録しておくと良いでしょう。

 

マレーシア駐在員の高いお給料が魅力の業界と仕事

malaysiascene

マレーシアにて駐在員として仕事をするという場合には、現地採用よりも高いお給料になることは間違いありませんし、いろいろな手当てが付くことによって日本でもらっているよりも多い金額になることも珍しくはありません。

そうしたお金をもらいながら日本よりも物価の安いマレーシアで生活をするわけですから、駐在員というのはかなり余裕のある裕福な暮らしが出来ます。

ただし、駐在員とは言っても企業や職種、ポジションなどによってもお給料金額はもちろん違いが出てきます。

出来るだけ高いお給料をもらいたいと考えるのであれば、ご自身の経歴やスキルが関わってきますから日本にてしっかりとキャリアを積む必要があるのです。

職種と給料のめやす

outsidebiz

たとえばエンジニアとして赴任するのであれば、現地のマレーシア人社員に対して技術指導をおこなうということが目的となります。

大手家電メーカーなどですと東南アジアのいろいろな地域に工場を持っておりますが、マレーシアへの進出も広がってきておりたくさんの企業が現地にて操業をしているのです。

エンジニアの場合ですと、月50万円程度というのが相場ではないでしょうか。

また、仕事をリタイアしてから老後をマレーシアで過ごすという方が不動産を購入するケースが増えてきており、そのための不動産業界の駐在員も必要とされています。月給は60万円から80万円程度になるでしょう。

その他には、日本のディベロッパーがマレーシアの高層ビルを建設することも多いので、建設業界の駐在員も増えていて月給は、大体80万円から100万円ほどにもなるケースが多いようです。